【未払税金清算】公共事業入札前に知っておくべき資金調達方法【滞納保険料清算】

公共事業の入札にあたり、経営事項審査の際に、市税・消費税などの「滞納のない証明書」の提出を求められます。つまり「納税証明書」の提出が必要になってくるのですが、この時期になると、未払い税金の支払いに充てる資金調達の相談や、履行保証に関する与信枠の確保のために借入の清算を図る相談が多くなります。どうしても「借り入れではない資金調達」をする必要に迫られるため、なかなか一般的な方法では資金調達がうまくいかないのが現状です。

今回はそういった状況を打破するための資金調達と注意点を解説していきます。

借り入れではない資金調達方法とは?

借り入れや口座に残る調達方法では、審査の段階ですぐに経営状況を見抜かれてしまいます。審査方法や各自治体にもよりますが、入札申請よりもなるべく早い段階で資金調達を進めることが本来は重要です。

借り入れでは、与信残高を圧迫してしまうため、書類は提出できても審査で落ちてしまう可能性が残ります。そのため、融資を受けるという手法は好ましいものではありません。

つまり、商工ローン・ビジネスローン・銀行融資はこの際は避けたほうが良い手法となるのです。

その他の手法となると、知人からの現金手渡しによる借り入れ・ファクタリング・闇金といった手法になります。

闇金に関しては言うまでもないですが、当然利用は控えるべきです。

滞納額が少額である場合は、家族や知人を回り資金集めをするべきなのですが、そういったわけにもいかない、どうしても時間が足りないという方はファクタリングを推奨しています。

一般的に相談されると「2社間ファクタリング」を提案するしかないのが現状なのです。

税金支払いの為のファクタリング利用時の注意点

上記の記事を読んでいたければわかるのですが、ファクタリングはとてもスピーディに資金を調達できる手法になります。しかし、債権譲渡や振込の仕方によっては、審査に悪影響を与える可能性もあります。利用する前に契約内容を確認し、希望条件に見合う業者の見極めが重要になります。まずは、以下の注意点を確認してください。

債権譲渡登記無しでも利用可能かどうか

審査に関して、登記情報をしらべられてしまうと、債権譲渡の履歴が残ってしまうため、結局悪印象を与えてしまいかねません。そのため、可能であれば債権譲渡登記無しでも契約可能な業者を選んだほうが良いでしょう。

現金対応可能かどうか

現金対応であれば、なおのこと記録には残りません。通帳の上でも名前が残らず、現金を入手できるというのはそれだけで安心材料になります。未払い金を清算するにはとても良い条件になります。

公共事業債権を取り合え使える商社かどうか

公共事業の入札を考えている経営者の場合、日常的に公共事業を請け負っているケースが少なくありません。そうなると、買い取りを依頼する債権そのものが公共事業の債権である可能性があります。

公共事業の債権に関して言えば、契約内容に「債権譲渡禁止事項」が盛り込まれているのが普通です。

ですので、公共事業関連の買い取りが可能である業者でないと資金調達事態ができない可能性が高いです。そういった買い取り商社自体がとても少ないため、専門家に相談する必要があります。

最適な業者の選び方

一般的に、契約内容に関しては「顧客に対してマイナスにならない情報だけ」を開示している商社がほとんどなので、どの会社がどういった実績や契約内容であるかは一目ではわかりません。

当サイトでも業者比較を実践していますが、詳細まで調べ切れていない業者が多い状態です。

(現在、各業者の詳細ページを急ぎで作成中ですので、しばしお時間をください。)

もし、お急ぎの方は以下のフォームでフォーム入力意図を「税金・社会保険料など未払い金の相談」を選択してお問い合わせください。

現状対応可能な業者に相談し、紹介いたします。

まとめ

まずは各市町村の公共事業に関する資料に目を通し、どういった書類が必要であるかを再確認しましょう。

そのうえで「未納の税額がない旨」の記載のある税務署の納税証明書をどのように準備するかという話になります。

本来支払うべき税金ですが、どうしても資金繰りが悪化すると支払い損ねてしまうことは珍しくありません。金額が大きくなる前に、様々な資金調達方法を比較検討し、備えておくことが重要です。

どうしても、という場合は手当たり次第に申し込みをせず、しっかりと専門家のアドバイスを求めることが資金調達の成功へのカギです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です