【基礎知識】ファクタリングとは?5分でわかる業界の「ウソ」まで徹底解説!

あなたはファクタリングという言葉を聞いた事はありますか?

ファクタリングとは、期日前で回収していない売掛金をファクタリング会社が買い取る制度の事です。

通常、売掛金が現金になるまでは時間がかかります。現金化になるまでの時間が長ければ長いほど資金繰りに影響が出てくる事も考えられます。

そんな時にファクタリングを利用する事で、すぐに売掛金を現金化する事が出来るので「お金が急に必要になった」という時でも焦る心配はありません。

本記事ではファクタリングの事がよく分からない・聞いた事がない人でもすぐに分かるように分かりやすい言葉で解説をしていきます。

 

この記事を読んだ方がいい人

  • 銀行などからの融資とファクタリングの違いが分からない方
  • そもそもファクタリングの事がよく分からない経営者の方
  • 資金集めの方法について勉強中の方

  

ファクタリングの基本的な仕組み

ファクタリングの基本的な仕組みとして2社間によるファクタリング(クライアントとファクタリング会社間の取引)3社間によるファクタリング(クライアント・売掛先企業・ファクタリング会社による取引)2種類が存在します。

 

簡単にいうと、両者の違いは売掛先の企業が関わるか関わらないかです。

ではまず、2社間のファクタリングについて説明していきます。

2社間ファクタリングとは?

 

2社間ファクタリングの流れを説明すると、まずファクタリング利用会社(クライエント)が売掛先企業 との間に売掛金(未収金)が発生します。

売掛金が現金化するまでには時間がかかります。そこで、クライエントはファクタリング会社と契約を結ぶ事にしました。

クライエントがファクタリング会社と契約を結ぶ事で、ファクタリング会社から売掛金の手数料を差し引いた額が債権の「購入代金」として支払われます。

 

クライエントは売掛先企業からの売掛金の支払い日になったらお金を受け取ります。受け取ったお金は、ファクタリング会社との約束した日にちに渡しに行きます。

以上が2社間ファクタリングにおける全体の流れです。

2社間ファクタリングの特徴として先ほどでも述べた通り、売掛先の企業が関わらない事が重要なポイントです。

なぜかというと、日本においてファクタリングの制度まだまだ浸透しておらず、債権を他社に譲渡(売る)という行為が、売掛先の企業にとってマイナスのイメージをもたれる恐れがあるからです。

2社間ファクタリングを利用する事でそのようなリスクを回避する事が出来ます。

優良2社間ファクタリング会社まとめ記事はコチラ

【即日実績】優良・即日2社間ファクタリング会社はココ!全社徹底比較【口コミ・評判】

2015.10.10

次に3社間ファクタリングの説明をします。

 

3社間ファクタリングとは?

 

3社間ファクタリングを簡単に説明すると、大まかな流れは2社間ファクタリングの時と同じと 思ってもらっても大丈夫です。

 

ただし、売掛先企業とファクタリング会社が契約を結んでいる所が2社間ファクタリングとは異なります。

売掛先企業と契約を結ぶ事で、クライエントが売掛先企業から売掛金を受け取り、受け取ったお金をファクタリング会社に渡すのではなく、売掛先企業が直接ファクタリング会社にお金が渡される事がポイントです。

3社間の場合だとファクタリングを行う事が売掛先の企業にも伝わるのでクライエント・売掛先の企業・ファクタリング会社での調整が必要になります。

融資とファクタリングの違い

一言でいい表すと、ファクタリングと融資の違いは、審査がおこなわれる対象が違う事がポイントです。

融資の場合の審査

融資を受ける企業(クライエント)の信用力が重要になってきます。

業績や過去の借入状況など、細かく調査が行われるので融資を受けるまでに時間がかかってしまいます。そして融資は借金であるので返済義務があります。

ファクタリングの場合の審査

ファクタリング会社と契約を結んだクライエントよりも、売掛先企業の信用力が重要です。売掛金の売却する形になるので、借金ではありません。

また、融資とは違って担保や保証人が不要です。

ファクタリングのメリットとデメリット

一見、便利に見えるファクタリングですが、改めてメリットとデメリットを並べてみましょう。

ファクタリングのメリット

  1. バランスシート(賃貸対照表のスリム化)
  2. 債務ではないため負債にはならない
  3. 売掛先の企業が倒産しても支払いリスクを負わない
  4. 最短即日で現金が手に入る

ファクタリングのデメリット

  1. 手数料がかかる
  2. 債権譲渡登記が必要な場合がある
  3. 売掛債権の範囲でしか資金を調達できない

 

ファクタリングを利用する際にかかる手数料

  • 2社間ファクタリングの場合10%~25
  • 3社間ファクタリングの場合1%~5

 

以上がだいたいの手数料相場です。ここで注意しなくてはならないのが「手数料」という表記です。

この項目でも手数料という表記を用いましたが、2社間ファクタリングの手数料と呼ばれるものの多くが「債権評価にて減額された差額」が含まれています。

ファクタリングに詳しくないメディアや、最近乱立している新規の業者の中では、そこをしっかりと説明しない会社がとても多いのです。

2社と3社の違いはあれど、契約内容や書類、事務手続きで発生する役務や書類が数十倍も違うことはありません。

しかしながら「売掛先から直接入金されないリスク」「売掛先の倒産リスク」等も加味した債権の評価額が下がってしまうことで入金額に大きな差が生まれるのです。

過去に様々な取材や調査をした際に、詳しく説明をしてくれた会社が「株式会社J-nets」さんでした。

やはり、きちんとした説明、買い取り手続きのため、利用者の評価も圧倒的に高いです。

 

また、2社間ファクタリングにおいて手数料が異常に高い会社(30%以上)逆に手数料が異常に安い会社(5%以下)などは、怪しい会社であったり、「3社間なら!この手数料で~」といった勘違いしやすい表記である可能性が高いので気をつけましょう。

※基本的に真っ当なファクタリング会社であれば、よほどの理由がなければ手数料30%以上での買取は行いません。利益率との関係で著しく会社の経理に負担をかけることは回収リスクも高まるため、審査時にお断りされることのほうが多いです。

債権譲渡登記と償還請求権(求償権)

債権譲渡登記と償還請求権の違いについて説明します。どちらも難しそうな言葉ではありますが、簡単に説明していきます。また、多くのメディアで「償還請求権」と表記されていますが、誤解を避けるために求償権という表記が用いられる場合もあります。

債権譲渡登記とは

クライエントが持っている売掛金をファクタリング会社が買いあげる際、あなたの債権をファクタリング会社に譲りましたよと公的なお知らせを提出すること。

償還請求権(求償権)とは  

売掛先の企業が倒産し、売掛金の回収が出来なくなった場合にクライエントにそのリスクが背負わされること。

なんとなく理解出来たでしょうか?以下ではもう少し詳しく説明をしていきます。

:債権譲渡登記

債権譲渡登記を行う事で、ファクタリング会社は債権を譲り受けた事の証明となります。法的な証拠がないとファクタリング会社はもし、第三者がその債権はうちの会社の物だと言われた場合に困ってしまいますよね。

:償還請求権

償還請求権は先ほども説明にもあったように、クライエントに売掛先の企業が倒産した場合、売掛金(未収金)の支払いリスクが発生する事を指します。

ファクタリングは倒産リスクも加味したうえで買い取りを行います。そのリスクも加味した債権評価額での買取のため、当然売却側が支払いを建て替える義務を負うことはありません。

まとめ

ファクタリングにおける基礎知識を、知らない人でも分かるように簡単に説明してきましたがいかかでしたでしょうか?

ファクタリングはまだまだ日本では定着しておらず、利用するにはハードルが高いと感じる方が多いかもしれません。

しかし、ファクタリングは融資と違い返済義務がないため借金ではなく、最短で資金を調達できる方法でもあり、とても貴重な手法の一つです。

他の記事でもファクタリングについて、もっと詳しく解説しているのでそちらもお時間があればご覧になって下さい。

【最新版】 即日でファクタリングできる業者一覧と、最短即日で資金調達するための4つのコツ

2017.07.29

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です