このサイトについて

当サイトは銀行融資や商工ローンが使えない際に、

最短即日で資金を調達できる「ファクタリング」の正しい使い方

を伝える事を目的としたサイトです。

  • 1週間以内に資金が必要だ。
  • 銀行融資の審査が間に合わない。
  • 商工ローン、ビジネスローンの借入増額も難しい。
  • 突然の出費に困っている。
  • 2期目の決算が終わっておらず、融資が断られる。

上記のようなお悩みをお持ちの経営者には「ファクタリング」がおススメです。

ファクタリングの概要は、下部の
「売掛債権を現金化する!ファクタリングの仕組みと利用方法」
をお読みの上、ご検討ください。

理由としては、1週間以内に多額の資金を調達できるのは、

担保を用いたノンバンクの担保付き融資かファクタリングに限られるからです。

 

売掛債権を現金化する!ファクタリングの仕組みと利用方法  

中小企業の経営者や個人事業主は、様々な資金調達方法を理解しておくことが必要です。
資金調達がうまくできないと運転資金などの確保ができず事業を継続することができなくなるからです。
資金調達方法としは、金融機関から融資を受ける方法や、株式を発行して出資を受ける方法などがありますが、そのほかの手法としてファクタリングという選択肢もあります。そこで、ファクタリングの仕組みやファクタリングを利用する方法について紹介します。

ファクタリングと売掛債権証券化の違いとは?

売掛債権を利用して資金調達をすることを売掛債権流動化といいます。流動化とは現金化のことだと理解すればよいでしょう。
売掛債権流動化には3つの方法があり、そのうちのひとつがファクタリングです。
そのほかの方法としては、売掛債権証券化と売掛債権担保融資があります。
ファクタリングを理解するためには、この3つ方法の違いなどについても確認しておくことが必要です。混同されることもありますので、正しく理解しておきましょう。

1つ目の売掛債権流動化の方法はファクタリングです。ファクタリングとは、未回収の売掛債権を買い取るサービスです。ファクタリングは、保有している売掛債権をファクタリング会社に譲渡して現金化します。
売掛債権は回収日まで待てば資金化することが可能です。しかし、回収日前に資金が必要となった場合、売掛債権を譲渡することによって現金化できれば融資などを受ける必要がなくなります。
ファクタリング会社とは相対取引を行うことになります。相対取引とは、取引する相手と一対一で取引条件を決定する取引のことです。売掛債権の債権額をそのまま現金化できるわけではなく、手数料が差し引かれた残額を受け取ることになります。

2つ目の方法は、売掛債権証券化です。売掛債権証券化とは、保有している売掛債権をSPV(Special Purpose Vehicle)と呼ばれる特定目的法人に対して譲渡し、その対価として資金を受け取る資金調達方法のことです。
SPVは、買い取った資産から生み出されるキャッシュフローを裏付けにした証券を投資家に対して発行する事業体で、証券の取得によって利益を得たい投資家と資金を調達したい企業の橋渡しをする役割があります。売掛債権を譲渡するという点ではファクタリングと同じため混同されることが多いといわれています。
売掛債権の譲渡先がファクタリング会社かSPVかという点が違います。ファクタリングはファクタリング会社が資金の提供者となりますが、売掛債権証券化は投資家が実質的な資金の提供者です。
企業よりも投資家との関係・契約が難しいため、ファクタリングよりも現実性が低くなってしまうのが難点です。

3つ目の方法は、売掛債権担保融資です。この方法もファクタリングと混同されることがあります。売掛債権担保融資は、売掛債権の信用力を担保にして融資を受ける資金調達方法です。
融資を受けるという点が、ファクタリングと売掛債権証券化とは大きく異なります。融資を受けることになりますので、資金は契約に基づいていずれ返済する義務を負っている点が特徴です。
この方法を利用すれば、売掛債権は担保として提供することになりますが、債権自体を手放す必要はありません。売掛債権は、融資を返済できない場合の弁済手段としての役割を果たすことになります。
不動産担保融資などと同様に、融資の審査を受けることになる為、審査期間の長さと審査通過率の低さがネックです。

ファクタリング取引の仕組みって?

売掛債権を現金化できるファクタリングを利用するにあたっては、ファクタリングの仕組みを理解することが必要です。
仕組みを理解するためには、ファクタリングの流れを把握しておくことが大切になります。
仕組みといっても、商品やサービスの代わりに後日資金化できるという経済的な価値のある売掛金をファクタリング会社に売却して代金を受け取るというシンプルなものです。
ただし、契約を行う必要があることと、資金の流れが変わること、さらに売掛金全額を現金化できないことは理解しておく必要があります。

ファクタリングの利用にあたっては、資金調達したい企業などが売掛金を保有していることが前提です。
売掛金は、商品や製品、サービスなどの提供を行った対価をその場で現金で回収するのではなく、後日受け取る約束をすることによって生じます。あとで現金を受け取る民法上の債権です。いわゆる「つけ」で売ることで、ビジネスの世界では「掛け売り」と呼ばれるため、売上対価をあとで受け取る権利を売掛金といいます。

売掛金を現金化したい場合は、ファクタリング会社との契約が必要です。契約に際しては、後日売掛金の支払いを行うことになる債務者である売掛先企業も含めて3社間で契約するパターンと、売掛先企業を含めず売掛金譲渡を行う企業とファクタリング会社の2社間で契約するパターンがあります。

3社間契約の場合、ファクタリング契約の完了後に行われるのが契約に基づく請求金額の確認です。売掛先企業、売掛金譲渡企業、ファクタリング会社の3社間で確認が行われます。確認が完了したら、売掛金譲渡企業はファクタリング会社に対して売掛債権の譲渡を行い、譲渡代金として売掛金から手数料を控除した残額を受け取ることが可能です。
これにより、売掛金を保有していた企業は売掛債権を手放しますが、その代わりに回収予定日より前に現金を手にすることができます。
売掛先企業は、売掛金の支払い予定日にファクタリング会社に売掛代金の支払いを行います。売掛金がファクタリング会社に入金されると、ファクタリング会社は売掛債権の譲渡対価支払額との差額分だけ資金が増加することになり、これがファクタリング会社の収入です。

2社間でのファクタリング契約の場合は、3社間のファクタリング契約の場合と違う点があります。2社間契約の場合、売掛先企業には、ファクタリング契約が結ばれていることを通知しません。売掛債権譲渡時に手数料が控除された残額が売掛金譲渡企業に支払われる点は同じですが、ファクタリング会社は売掛先企業から売掛代金を直接回収するのではなく、譲渡企業を経由して支払いを受けることになる点が異なります。

売掛金の支払いが行われなかった場合の債権は?

ファクタリング契約が無事に履行され完了するためには、売掛先企業が予定通り売掛金の支払いを実行することが必要です。
しかし、売掛先企業の業績が急に悪化するなどして支払いができなくなる可能性もあります。
そのまま倒産してしまえば、永久に売掛金の支払いが行われない可能性も否定できません。売掛金の支払いが実行されないと、ファクタリング会社は予定していた資金を回収できなくなってしまいます。その場合、ファクタリング会社が損失を被ることになります。ただし、その損失の処理に関しては2つの種類があることを知っておくことが大切です。

ファクタリング契約には、償還請求権がある契約と償還請求権がない契約の2種類があります。この2つの契約タイプの違いを理解しておくことが大切です。
償還請求権とは、売掛先企業からファクタリング会社に売掛金の支払いの実行が行われない場合に、ファクタリング会社が売掛金譲渡を行った企業に対して回収できなかった金額の請求を行う権利のことです。ファクタリング会社は、すでに売掛金譲渡会社に対価として資金を支払っています。
予定通り売掛金の支払いがなかった場合は、誰かにその責任をとってもらいたいと考えるでしょう。その金額を請求する権利が償還請求権です。

償還請求権ありのファクタリング契約の場合、債権譲渡を行った企業は譲渡代金を売掛金の回収予定日より前に手にできますが、売掛先企業が予定通り売掛金の支払いを実行するまでは安心できません。支払いが実行されない場合は、売掛金の全額が請求されることになります。
早期回収できた資金をファクタリング会社に返還するだけでなく、手数料として差し引かれた分も含めて支払う義務が生じます。
償還請求権ありのファクタリング契約は、償還請求権なしのファクタリング契約よりもリスクが高いといえるでしょう。

ファクタリングを利用しようと考えている企業などは、資金繰りに困っている可能性が高いですので、償還請求を受けた場合に資金が手元に残っていないこともあるでしょう。
そのため、リスクが低い償還請求権なしのファクタリング契約が利用できる場合は、それに越したことはありません。
ただし、償還請求権なしのファクタリング契約を利用するためには、厳しい審査を通過する必要があります。
一方、償還請求権ありのファクタリング契約は、ファクタリング会社にとってリスクは低くなりますので、償還請求権なしの場合よりも審査は甘くなる傾向があり利用しやすいというメリットがあります。
そのため、ファクタリングを利用する場合は、契約に際してどんな基準で審査が行われるのか、その基準を通過できるのかを事前によく検討しておく必要があるといえるでしょう。

スムーズに売掛債権を現金化するための条件は?

ファクタリングを利用する場合は、いくつかの点に注意する必要があります。注意すべき条件をあらかじめ知っておくと、スムーズに売掛債権を現金化できるでしょう。注意すべき主な条件は5つです。

1つ目の条件は、ファクタリング会社が法人であることです。個人でも所定の手続きをとることによってファクタリングサービスを業として行うことが可能な場合があります。そのため、ファクタリングサービスを行う主体は、法人だけでなく個人というケースもあるでしょう。
しかし、一般的には法人が行っている場合の方が業者としての信用度は高いですので、法人を選択した方が無難です。

2つ目の条件は、売掛先が法人であることです。ビジネスを行っていくうえでは、得意先に関して信用度をチェックすることになります。その結果、売掛先が個人事業者ということもあるでしょう。しかし、売掛債権をファクタリングする場合、売掛先の信用度は審査項目のひとつとなります。
個人事業者の場合は審査に通りにくいというデメリットがありますので、ファクタリングの対象にするのは売掛先が法人のものを選んだ方がよいでしょう。

3つ目の注意すべき条件は、第三者に債権譲渡登記をしていないことです。債権譲渡登記とは、ファクタリングなどによって債権を譲渡したことを登記として残すことをいいます。登記をすることによって第三者への対抗要件を満たすことが可能です。
債権譲渡登記された債権を譲渡により取得しても、すでに登記された第三者がいるようでは、ファクタリング会社として都合がよくありません。
そのため、すでに債権譲渡登記されている売掛金をファクタリングの対象とすることは難しいでしょう。

4つ目の条件は、ファクタリング会社がある程度近い距離にあることです。ファクタリングの契約を締結するにあたっては、審査や面談で複数回ファクタリング会社に赴く必要があるでしょう。遠方にあるファクタリング会社では交通費がかかるだけでなく時間もかかります。問題なく足を運べる距離にあるファクタリング会社を選ぶことが大切です。

5つ目は、調達希望額よりも売掛債権額が大きいことです。ファクタリングを行うにあたっては、支払いに必要な金額など目標となる資金額があるでしょう。譲渡する債権金額がその目標金額に満たなければ、ファクタリング以外の資金調達も行う必要が生じます。資金調達したい金額よりも大きな金額の売掛債権を選んで譲渡することが重要です。

これら5つの条件を満たすようにすることで、ファクタリング会社が行う審査に通りやすくなるだけでなく、交通費などの負担が減ったり、希望通りの金額を調達できたりするなどのメリットがあります。ファクタリングを利用する場合は、必要となる条件を考慮したうえで、ファクタリング会社選びと対象となる債権選びを行うようにしましょう。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの使い分け方

ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあります。それぞれメリット・デメリットがありますので、経営者としては、目的に応じてどちらを利用するのが有利なのかを考えることが必要です。
2社間ファクタリングの主なメリットは3つあります。1つ目は、一般的に審査完了までの期間が短いことです。審査項目が3社間契約の場合よりも少なくなり、審査基準も緩い傾向があります。
利用するファクタリング会社によっては即日現金化が行われるケースもありますので、できるだけ早く現金化したい場合は2社間ファクタリングの利用を検討することも有望な選択肢となるでしょう。

2つ目のメリットは、売掛先企業に対してファクタリング契約の実行が通知されないことです。取引先に売掛債権の現金化を知られると不利になるおそれがある場合は2社間ファクタリングが適しています。
3つ目は、2社間契約の場合、一般的には償還請求権がないことが多いという点です。償還請求権がないタイプのファクタリングであれば、あとから請求を受けるリスクがなく有利だといえます。
一方、2社間契約にはデメリットもあります。主なデメリットは3社間契約よりも手数料が高くなることです。手数料が高ければ高いほど、売掛債権譲渡により手にできる現金は目減りしてしまいます。できるだけ売掛債権に近い金額でファクタリングをしたい場合は、2社間契約は不利だといえるでしょう。

3社間契約のメリット・デメリットは、2社間契約とは逆になります。契約は売掛先企業を含めて行いますので、売掛先企業にファクタリングの実施を知られることになります。
ファクタリングを行わなければ資金調達できない企業とは取引を継続することはできないとして契約が打ち切られる可能性があるという点がデメリットです。その反面、ファクタリング会社の手数料は安く済ませることが可能です。ファクタリングによって、より多くの資金を手にできる点が3社間契約によるファクタリングのメリットといえます。
ファクタリング会社を選ぶうえでは、距離が近いことや手数料が安いこと、さらには償還請求権がないことを基準に選ぶことが大切です。
しかし、その結果、3社間契約でのファクタリングを行うことになり、取引が継続できなくなってしまったら元も子もありません。ファクタリングを利用する場合は、2社間契約と3社間契約のメリット・デメリットをよく考慮したうえで選ぶことが重要です。

売掛債権の買取で現金化しよう!

ファクタリングを利用することによって、金融機関と交渉を行って融資を受けなくても資金調達が可能になります。
契約内容によっては即日現金化も可能ですので、資金繰りの状況に応じて活用することを視野に入れるとよいでしょう。ただし、ファクタリング会社を選ぶ際には、法人であることや遠方の会社でないことなどに注意する必要があります。

また、償還請求権なしとありではリスクが変わってくることも理解しておくことが重要です。さらに、2社間契約か3社間契約かによって、取引先への通知の有無が変わってくることも十分考慮することが大切になります。ファクタリングの仕組みや注意点をよく理解して、必要な場合は売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらい現金化を実現しましょう。

資金調達で迷ったときは!
資金調達コンシェルジュの無料相談

銀行融資の審査に落ちた際、1週間以内に資金が必要な時は調達方法の選定から、業者選びまで無料で一括相談できる「資金調達コンシェルジュ」まで!