【2016年度】これからの企業経営に必要な10の要素と変革(更新中)

経営に必要な要素とは何か?この問いの答えは一定ではありません。時代が変わるごとに求められるプロダクトは変わり、文明の発展と共にシステムは変化を強いられます。制度や法律が変わればスキームが変わるように経営手法も絶えず変化が必要になるのは当然のことなのです。 しかしながら、そういった情報を取得したり、勉強する余裕のない中小企業の経営者がとても多いのです。そもそも経営に関して言えば「自分の信じる経営哲学」を疑わない方も少なくありません。 それが悪い、というわけでなくそれが誰にでも真似できることではない高尚なことであるため、皆が取り入れられるわけではない。ということなのです。 今回は、これから先の経営を考える際のヒントになりそうな事を少しずつ書いていこうと思います。

はじめに

今回お話する内容は、すべてが正しいというわけではございません。あくまで私の経験や研究・大勢の経営者や金融関係者、各業界の方にお会いして聞いたお話を元に作成しております。どこか一つでも誰かの助けになると幸いでございます。

そもそも経営とは

経営という言葉には事業を営むという意味合いが含まれています。経営という話題に関して真っ先にお金の話がでてくる方も多いのではないでしょうか。しかし、会社にとってお金は血液といわれますが、体を動かす筋肉、血液を循環させる心臓がなくては会社は動けません。 筋肉としての社員、心臓としての商品がそれぞれ繋がっているのに、どこが悪いか調べもせずに血液をごまかしていても経営そのものが良くなる事はありません。どんな会社であっても資金調達という点滴を打つ必要があるタイミングはありますが、どこの調子が悪いのかをしっかり知る事が重要です。 資金繰りの調子が悪い原因が、契約内容によるものなのか、人為的なものなのか。しっかりと向き合う事で経営が始まります。

会社を形成する3つの要素

会社や経営の話ではよくビジョン、ビジネスモデル、数値目標などが語られる事もありますが、今回は簡潔に「人・物・金」で話を進めていきます。 人=社員。社員のモチベーションや人事問題。退職や産休などといった節目で社員とどう接するのか。日々の社員との距離ももちろん重要になります。 物=商品・サービス。物や商品、自社サービスは果たして顧客のニーズに対応しているのか。本当に価値のある商品なのか。 金=資金・資金調達・給与。自社の資金繰り状況はどうか?契約内容は会社の負担になっていないか資金調達方法は知っているか。      

これから重要になる5つのリソース

今から始めるべき10の取り組み

具体的なビジネスモデルへの組込

まとめ

関連記事

  1. MUFGカード・ゴールドプレステージ・ビジネス・アメリカン・…

  2. EX Gold for Biz S iD×QUICPayの詳…

  3. ライフカードゴールドビジネスの詳細。口コミ・評判まで徹底調査…

  4. 【各社比較保存版】損をしない優良ファクター2社と、ファクタリ…

  5. 【ファクタリング業者】株式会社インフィニティさんの口コミ・評…

  6. 三井住友ビジネスカード for Owners ゴールドカード…

給与ファクタリングの悩み相談はコチラ
専門業者へ相談
給与ファクタリングのトラブル相談
専門窓口はコチラ