【BFW解説】「SWOT分析」で自社を分析する。【Vol.2】

BusinessFrameWork=BFW解説第二弾! 自分の会社、自分の商品を客観的に見ることで、今後の方向性や新たな気づきを得ることがあります。内部と外部の環境分析から(経営)戦略を練ることでよりブラッシュアップされた製品を生み出していきましょう。

SWOT分析のSWOTとは

SWOTとは、目標を達成する上で重要な要因を、内部環境や外部環境を強み (Strengths)、弱み (Weaknesses)、機会 (Opportunities)、脅威 (Threats) の4つに分類し、現状分析をすることによって自社の環境変化に最適な経営戦略を生み出すことです。

外部環境編

まず外部環境の中から、機会と脅威の要因を分類します。外部環境とは、自社では制御することのできない部分です。 機会 (Opportunities)とは、外部による目標達成へのチャンスを意味します。 脅威 (Threats) とは、外部による目標達成への障害を意味します。

外部環境SWOT項目の例

  • 政治・法令
  • 市場トレンド
  • 経済状況
  • 株主の期待
  • 科学技術
  • 公衆の期待
  • 競合他社の行為
  • 顧客のニーズ

内部環境編

次に内部環境の中から、強みと弱みの要因を分類します。内部環境とは、自社が制御できる部分のことを指します。 強み (Strengths)とは、自社の保持する独自資源の中における長所を意味します。 弱み (Weaknesses)とは、自社の保持する独自資源の中における課題を意味します。

内部環境SWOT項目の例

  • 資源(財務・知的財産・立地)
  • 顧客サービス
  • 効率性
  • 競争上の優位
  • インフラ
  • 品質
  • 材料
  • 経営管理
  • 価格
  • 輸送時間
  • コスト
  • 容量
  • 主要顧客との関係
  • 市場における知名度・評判
  • 地域言語の知識
  • ブランド
  • 企業倫理
  • 環境

SWOT分析の使い方

それぞれの項目を、  

機会×強み(外部からの機会を強みに生かすためには?) 脅威×強み(外部からの脅威を強みによって機会へ転化する差別化方法は?) 機会×弱み(外部からの機会を弱みで潰さず克服するためには?) 脅威×弱み(外部からの脅威を弱みにより最悪の事態を想定し、回避するためには?)

  上記の組み合わせ方で分類することによって、どのような戦略や仮説が考えられるか分析します。 しかし、ただ4項目を分類するだけでは考えられる戦略も固定観念にとらわれたまま、分析には偏りが生まれます。 競合相手や顧客のターゲットが変われば、弱みと思われていた内部環境も、強みとして自社の経営戦略に変化します。 そのため現在の戦略、仮説を、顧客の層や競合他社に合わせた分析から比較し路線選択をすることで、最適な戦略を導くことができます。 強み、弱み、機会、脅威は自分たちがそれぞれをどう位置付けするかによって定義されるのであって、明確な定義はありません。 競合他社や、自社資源の相対評価はなるべく客観的に分析しましょう。

関連記事

  1. 未払賃金立替制度とは?倒産前にチェックするべき3つのポイント…

  2. 【ファクタリング業者】資金調達レスキューさんの口コミ・評判比…

  3. FVCアドバイザーズ株式会社の企業情報まとめ、口コミ・評判を…

  4. 【ファクタリング業者】ピーエムジー株式会社さんの口コミ・評判…

  5. FUN税理士法人の企業情報まとめ、口コミ・評判を徹底調査。

  6. JCBビジネスプラス法人カード 一般カードの詳細。口コミ・評…

給与ファクタリングの悩み相談はコチラ
専門業者へ相談
給与ファクタリングのトラブル相談
専門窓口はコチラ