公開日: 更新日:

ハウツー緊急資金調達!必ず役立つ3パターンを徹底比較

経営者にとって資金繰りの悪化は大きなリスクの一つです。

緊急での資金調達、つなぎ資金調達の方法を今回はご紹介します。

つなぎ融資は、まさに資金繰りがピンチの際に経営を繋ぎ止める緊急の資金調達です。

 

偶然、抜けてしまった資金の穴を埋める方法は、経営者(特に創業間もない場合や個人事業主の場合)であれば、必ず知っておかなくてはならない事です。

今回は、緊急時に使える三つの資金調達手法を徹底的に解説していきます。

つなぎ資金・つなぎ融資とは

そもそもつなぎ資金とはどういったものなのでしょうか。

住宅ローンに関して耳にした事のある方も多いと思われます。

事業資金に関しては、以下のようにコトバンクさんでは定義されています。(https://kotobank.jp/word/%E7%B9%8B%E3%81%8E%E8%B3%87%E9%87%91-572071

事業資金に関して資金の調達が確定しているが、その資金が必要な時期に間に合わないときに、一時的に借り入れる資金

最近の相談の中では、とくに建設業の方のご相談でよく耳にします。

「梅雨時で工事の完了が遅れ、入金が翌月にズレ込んだ際、不足した資金を補填するための資金。」

といったニュアンスで使われる場面があります。

また、とにかくつなぎ的に緊急で資金が必要なので、相談したいです。といったとにかく急ぎで資金が必要だという意味合いで使われる方も多いです。

 

さて、このつなぎ資金なのですが、一般的に様々な問題を抱えています。

  • 金額が大きいこと
  • 調達までの猶予が短いこと
  • 業者や調達方法の知識があまり知られていないこと

とくに、猶予が短いという事が大きな問題です。

結論として「新規の銀行融資で緊急資金調達は難しい」という事になります。

金額や法律などの関係もあり、即日で調達できる消費者金融での調達も難しいのです。

そこで、三つの緊急資金調達の方法をご紹介しますので、順を追ってみていきましょう。

自身が利用できる調達方法をご検討ください。

1:ビジネスローンによる資金調達

 

2:ファクタリングによる資金調達

 

3:資産売却による資金調達 

 

3つの調達方法の比較検討。メリットとデメリット

 

1:融資と売却の比較

 

2:金利と手数料の比較

 

3:調達にかかる時間の比較

 

4:審査内容による比較

 

それぞれの調達方法の注意点と窓口

 

ビジネスローンで選ぶなら

 

ファクタリングで選ぶなら

 

資産売却で選ぶなら

 

まとめ

 

資金調達で迷ったときは!
資金調達コンシェルジュの無料相談

銀行融資の審査に落ちた際、1週間以内に資金が必要な時は調達方法の選定から、業者選びまで無料で一括相談できる「資金調達コンシェルジュ」まで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です