2週間以内に資金を作るなら「ビジネスローン」で決まり!人気業者ランキング

bizloan_lpbanner

このページは、銀行融資など審査に1か月程度かかってしまい、資金調達が間に合わない経営者向けのビジネスローン紹介ページです。銀行融資などの審査に落ちた際もビジネスローンの利用を検討すると良いでしょう。

使いやすく、ランキング形式でまとめておりますので、参考までにご利用ください。

ココをチェック!
当ページ記載情報は、スタッフの調査した内容になります。
正確な情報は必ず公式サイト・運営企業にお問い合わせの上ご確認ください。

また、1週間以内の資金調達は「ファクタリング」での調達が有力です。以下のバナーからご確認ください。

factoring_rankingbanner

 

【1位】圧倒的人気の「ビジネクスト」


4万社以上のユーザーを抱えるビジネスクスが提供する「ビジネスローン」は、担保・保証人不要であるにもかかわらず「最大1,000万円」まで借入ができるローンになっています。金利も低く設定されており「最低8.00%~」となっています。そのため、他のローンと同様に経営を圧迫せずに資金調達ができるのです。

ただし、ビジネクストは審査結果の通知までに3日程度の期間が必要です。そのため、即日融資を希望している経営者には向かないかもしれません。けれども、即日融資でなくていいので「高額融資」で「低金利」を狙うのであれば、このビジネクストがいいでしょう。

【2位】幅広いサポートなら「ビジネスパートナー」

東証1部上場企業である光通信グループのビジネスパートナーが提供する「スモールビジネスローン」は、借入主のニーズを満たしやすいローンです。例えば「最短1日回答」でスピーディに借入が可能であるほか、「最低金利9.98%~」と事業への影響が少なくなっています。

また、「最大500万円まで」借入ができるため、大規模な支出がある際でも賄うことができるでしょう。他にも担保・保証人不要など借入主が利用しやすいローンが設計されています。

こうした強みは東証1部の財力と信頼感があるからできるのです。そのため、すぐに借入したい」「低金利で借り入れたい」経営者の方は、こちらから申し込みをするといいでしょう。

【3位】西日本で話題の「MRF」

西日本地域を中心に不動産担保ローンで有力な「MRF(エムアールエフ)」では、担保こそ必要なものの「最大3億円」の高額融資を受けることが可能なローンです。そして、同社のプランは6つ用意されており、持っている不動産・動産の担保によって、融資を柔軟に対応してくれます。そのため、土地や建物、売掛金などの債権を持つ経営者であれば、ここがあなたの味方になってくれるのです。

また、「MRF」の強みはその金利の低さにもあります。「最低金利6.00%~」となっており、返済による経営の圧迫を心配する必要がありません。さらに、保証人も不要であることから、担保さえあれば十分に借入が可能になっています。そのため、担保となりそうな資産をお持ちの経営者、企業はここで申し込みをすると良いでしょう。

起業して間もない場合、謄本・決算書が用意できない時は

ビジネスローンの多くが「担保・保証人は不要」という好条件で利用できますが、ほとんどの企業が「決算書2期分」を要求されてしまいます。
そうなると、会社を立ち上げて2年未満の経営者では融資を受けられないという状況が変わりません。
実際に資金調達の相談の3割ほどはそういったスタートアップの経営者様からの相談です。

そういった際は、基本的に銀行融資も受けられない為「ファクタリング」「ビジネスカード」の2種類の方法が残された手段になります。
ファクタリングは法人相手の売掛金があれば資金調達が受けられる可能性があり、最短即日で調達が可能です。
ただし、業者選びはシビアに行わなければならない調達方法になるので、以下のページを参考にしっかりと業者を選ぶことをお勧めします。

factoring_rankingbanner

 

ビジネスカードは、事業資金に関するクレジットカードのようなものです。現金の獲得ではありませんが、支払いをカードで行い、プールした資金で各種支払いに充てる。
従来払えない金額をカードで決済し、分割払い・リボ払いで時間をかけて返済する事で資金難をクリアーするという手法です。
ただし、こちらの方法はあくまでも借り入れのようなものなので、計画的な利用を推奨します。

 

ビジネスローン利用に関するまとめ

急ぎの資金調達に関しては、なかなか条件が厳しいのが現状です。
銀行融資や金利の低い調達手法は1か月前後の審査が必要であり、審査内容も厳しくなっています。
ビジネスローンに関しては、使い勝手の良さは魅力ですが最低金利での貸し付けは非現実的です。
そして、審査内容に関しても年々厳しくなっているように見受けられます、どうしても必要な資金であれば、複数社同時に申し込み審査結果を待つか、他の資金調達方法も並行して検討することをオススメします。