【経営者必見】資金不足で困ったら資金ショートする前にチェック!5つの資金調達方法と使い方。【徹底解説】

何が起こるか分からない会社経営において、資金に関する問題は後を絶ちません。

しかしながら、いざ資金不足に陥った時にどうすればよいのか知らない経営者がとても多いのです。付け焼き刃でつけた知識や急ぎで悪徳業者に融資の申請をしてしまい、会社の寿命を縮めてしまう可能性もあります。

今回はそういった事態に陥らないように「なぜ資金が不足するのか」という根本的な問題から「経営者が解決できる具体的な方法」までを取り上げていこうと思います。

資金繰り状況に合わせた資金調達方法を選択することが、資金繰り改善の第一歩!

資金ショートとは

資金ショートとは、経営において資金が足りなくなってしまう事を指します。

主な原因としては、

[st-mybox title=”ここに注意” fontawesome=”fa-exclamation-circle” color=”#ef5350″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#ffebee” borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold” title_bordercolor=”#ef5350″ fontsize=”” myclass=”st-mybox-class st-title-under” margin=”25px 0 25px 0″]

  • 売り上げの低下
  • 設備故障による急な出費
  • 売掛金が回収できなかった

[/st-mybox]

などが原因となる事が多いです。

日本商工会議所の配布している資料によると大別すると「管理不足」「認識不足」の2種類が原因のようです。

きっかけになる出来事としては

[st-mybox title=”ここに注意” fontawesome=”fa-exclamation-circle” color=”#ef5350″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#ffebee” borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold” title_bordercolor=”#ef5350″ fontsize=”” myclass=”st-mybox-class st-title-under” margin=”25px 0 25px 0″]

  • 税率の変更
  • 取引先の倒産
  • 返済費用等の使い込み

[/st-mybox]

などです。自社の経営状態だけでなく、取引先が原因となる資金ショートも少なくありません。

※コロナウィルスなどの世界的な経済危機の際に、飲食店経営者などの材料の仕入れや消耗品の利用が多い業種は要注意です。

資金繰り表を作って資金ショートを回避!資金不足に陥っても役に立つ!

とにかく、資金不足に陥ってしまう心配のある経営者は資金繰り表を作りましょう。

  • 月次の資金繰り表
  • 日次資金繰り表(日繰り表)

上記は必ず作っておいてください。

https://drive.google.com/open?id=1yPCXwoZLMAbSqH_CqNICmXY8vcGqDTIq0i4TKXXcxY8

[st-mybox title=”メモ” fontawesome=”fa-file-text-o” color=”#727272″ bordercolor=”#ff0000″ bgcolor=”#FAFAFA” borderwidth=”0″ borderradius=”5″ titleweight=”bold” title_bordercolor=”” fontsize=”” myclass=”st-mybox-class st-title-under” margin=”25px 0 25px 0″]

上記でGoogleドライブからコピーを作成できる簡易の日繰り表テンプレートを無料公開しています。

[/st-mybox]

 

資金の移動に関して、何に対していくら支払うのか。どこから、いつ、いくらの入金があるのか。

[st-midasibox title=”ポイント” fontawesome=”fa-check-circle faa-ring animated” bordercolor=”#FFC107″ color=”” bgcolor=”#FFFDE7″ borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold”]

これを毎月書き込むだけで、どこで資金が怪しくなるのか。その際にどこがズレるとやばいのかが一目で分かります。

[/st-midasibox]

 

後程、資金ショートした際の資金調達方法でも「ファクタリング」に関して言及しますが、資金繰り表があると非常に審査の際に好印象です。

そもそも、資金調達でいつまでにいくら必要なのかという情報がわかると、利用できる資金調達の手法がはっきり絞り込まれます。

なぜ資金ショート(資金不足)は起きるのか?

 

資金ショートの主な原因は前項でも解説しましたが、より具体的な例を「管理不足」「認識不足」の2つの視点から見ていきましょう。

管理不足からくる資金ショートの場合

管理不足というのは、会社の資金の流れの管理を主にさします。

[st-mybox title=”ここに注意” fontawesome=”fa-exclamation-circle” color=”#ef5350″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#ffebee” borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold” title_bordercolor=”#ef5350″ fontsize=”” myclass=”st-mybox-class st-title-under” margin=”25px 0 25px 0″]

  • 毎月支払いに必要な正確な金額の管理
  • 毎月の支払期日の管理
  • 売掛金の回収日、タイミングの管理

[/st-mybox]

これらの管理が影響している事が多いです。よく言われるどんぶり勘定も危険です。

認識不足からくる資金ショートの場合

認識不足というのは、お金の科目や用途の認識を主にさします。

[st-mybox title=”ここに注意” fontawesome=”fa-exclamation-circle” color=”#ef5350″ bordercolor=”#f3f3f3″ bgcolor=”#ffebee” borderwidth=”” borderradius=”5″ titleweight=”bold” title_bordercolor=”#ef5350″ fontsize=”” myclass=”st-mybox-class st-title-under” margin=”25px 0 25px 0″]

  • 消費税支払いに関する認識
  • 発生主義に関する認識
  • 資金における支払い、返済に関する認識

[/st-mybox]

こちらは、会社の扱うお金の全手に関して、支払いや返済など用途を細かく知っておく必要があります。

資金繰りの苦しくなりそうなときは、どうしても支払い関係で優先順位をつけてしまいますが、

それぞれの資金用途や名目をしっかりと認識しておく必要があります。

資金ショートした場合は?3つの対応を紹介。

 おそらく急ぎで資金調達がしたい方にとって必要な情報はこの三つです。

自分でも借りられるか 明日までに資金が手元に入るか 今自分に何ができるのか

正直「明日までに」という条件はかなり難しいです。しかし不可能ではありません。「とにかく早く資金調達ができる方法」をまず知ること、その契約のための準備を日頃からしておくこと。
それが倒産を免れる命綱になります。

具体的な方法としてはそこまで珍しくもなんともないのです。  
「ビジネスローン」「ファクタリング」「カードローン」この三つを「一工夫すること」で成功可能性を引き上げます。  

ビジネスローン・カードローンはなんとなく皆さん想像がつくと思いますので、ファクタリングから順をおって説明していこうと思います。

急ぎで調達できる方法・審査通過条件・必要書類をまずは知ること!

借金せずに多額の資金調達を今スグ行う唯一手段「ファクタリング」

  さて残りの「ファクタリング」に関してなのですが、これはそもそも「借金ではありません」しかし、来月入ってくる売掛金の一部が今スグ手に入るという手法です。

何をするのかというと「ファクタリング会社」とよばれる専門業社に対し、来月の売り上げの一部を買い取ってもらうのです。

「売掛金の即現金化」「債権譲渡売買」とよばれます。

これは日本ではマイナーですが、海外では当たり前の資金調達方法として使われています。

ようは 「お金が必要な時に、手数料を払って給料を前借りする」というようなイメージです。

上記以外の独自の資金調達方法なども紹介してもらえるかもしれません。私の説明よりもわかりやすく説明し、相談に乗ってくれるでしょう。  

ファクタリングの基本的な内容と、今スグ資金調達を実行可能にするために必要な手順を解説していきます。

そもそもお金に困った経営者が関係するファクタリングは「一括ファクタリング」とよばれるものであります。それをしっかりと頭に止めておいてください。ファクタリングには以下の代表的な4種類が存在しています。

それぞれに特徴がありますが、医療・介護福祉業以外なら基本的に「一括ファクタリング」になります。

そして一括フォクタリングの中でも「2者間ファクタリング」か「3者間ファクタリング」のどちらが良いのかを決めておく必要があります。

相談・契約の際に「自分がいくら必要なので、この手段でいつまでにおねがいできますか?」と先に言ってしまえば向こうの手間が省けるわけです。

2者間、3者間の違いというのは「売り掛け先に知られてもいいかどうか」です。

3者間の場合は売り掛け先も契約に含まれてくるので、今スグという即効性と手間、今後の取引先との付き合いを考えると非現実的になります。

なので基本的に急いでいる場合は「売り掛け先への通知はNG」ということで「2者間ファクタリング」の申し込みをしてください。

そして何が大切かというと「必要書類を準備しておく」ことです。これさえあれば即日入金の可能性がかなり高くなります。

 

「ファクタリングは書類さえ整って契約さえできれば資金調達が可能」な方法なのです。なので自分がやらなくてはならないこと・準備しておくことさえクリアーしておけばあとは契約するだけ、となるわけです。

これらが必要な書類の目安になります。

 

「資金が足りなくなるかもしれない」と思った時点で銀行融資や他の手段の審査も含めてこれらは準備しておくと良いでしょう。

ファクタリング業者への申し込み方法  

 

 

ビジネスローン・カードローンで本気で資金調達をする手順

どちらも金額が少ないということがネックですが、ビジネスローンのほうが優先度は高めでしょう。

しかしながらここで一工夫をするかしないかで、会社の運命を大きく変わってきます。   ビジネスローンとは、事業者ローン・商工ローン・ビジネスカードローンなどと呼ばれることもあります。

ビジネスローンの最大の特徴としては担保、保証人なしで借りられるということです。ビジネスカードローンと呼ばれるように、よくある消費者金融のようにカードを使って24時間借入や返済が自由にできる。これはかなり利便性が高い資金調達になります。  

なのでここではどちらもよくある「カードを発行してお金を借りる」という方法に焦点をあてて紹介していきます。

そうすると条件によっては「来店不要」で資金調達が可能になります。

ここで考えていただきたいのがカードさえ手に入れば限度額まで借りることが可能なわけです。そして問題は「審査」と「受け取りにかかる時間」それらを一気に解消する手段として   「借りられそうな会社全部にまとめて申請をすること」   が挙げられます。

とても簡単な方法ではあるのですが「1社審査通った。これで助かる!」と思って油断していると「借りた履歴が残り、緊急時や1社では資金が足りない時に他社の審査に通らなくなってしまう」可能性があるのです。  

「既に300万円の借金がある人に追加で200万円融資したい」そう思う方はすくないでしょう。なにより「初回に融資可能な額は控えめに設定されています」もし1社目の審査に通らなくても「融資の申し込みがあり、弊社の審査には落ちた」という信用情報が残ってしまい、他社の審査に通りにくくなってしまいます。

これはかなりのデメリットです、履歴が着く前に「候補の会社全てに申請を出す」ことが本気で資金調達をする人たちにとっては常識なのです。(あくまで、どうしても資金調達ができないばあいの保険という意味合いです)

そもそもカードを発行しても使わなければ借金にはならないので「カードだけを数社調達しておく」というのも1つの方法だとも言えます。

以下に信用のあるビジネスローン・カードローンの一覧と必要書類を書いておきます。 必要書類に関しては、共通している部分がほとんどなので、今すぐ準備して一気に申し込めば(1時間以内に)それが最も効率の良い資金調達方法の一つであることは間違いありません。        

資金不足になった経営者が今スグにやるべきこと

 

現状分析

あなたが使える資金調達方法はどれだ?

資金を借りられる業者の選び方と基本的な考え方

関連記事

  1. リコーリース㈱の企業情報、口コミ・評判を徹底調査。

  2. みずほファクター株式会社の企業情報、口コミ・評判を徹底調査。…

  3. 【利用前必読!】株式会社MI Visionさんはどんな会社?…

  4. 滋賀銀行 カードローン(サットキャッシュ)の商品概要とオトク…

  5. 群馬銀行 ナイスサポートカードの商品概要とオトクな必見情報の…

  6. 但馬銀行 たんぎんカードローン スピードポケットプラスの商品…

給与ファクタリングの悩み相談はコチラ
専門業者へ相談
給与ファクタリングのトラブル相談
専門窓口はコチラ