【最新版】 即日でファクタリングできる業者一覧と、最短即日で資金調達するための4つのコツ

更新日:

ファクタリングを利用する一番大きなメリットが「どの資金調達よりも早い」ことにあります。

その為、多くの業者が最短○○」や「即日調達」などのメッセージと共に広告を出しています。

しかしながら「実際に即日で調達でかきるの?」「当日に買い取ってくれる業者はいるの?」という事になると話は違ってきます。

今回は実際にファクタリングの現場に立ち会ってきた人間が正直な部分を話していこうと思います。

即日調達は「理論上可能」だが……?

そもそも、本当に即日で100万を越える大きな資金が調達できるのか?という話になります。

答えは「理論上可能だが、非現実的」となります。

多くの業者が最短即日と宣伝してますが、ほとんど実例はありませんし、手続きの都合上難しいのです。

過去には数社最短即日の業者も実在しましたが、債権の保全の関係で現在は難しくなっています。

その実例がある業者の買い取り手法や、ノウハウの一部を教えていただいたため現在の業者で即日は非常に難しいと断言できます。

 

 

また、大手であればあるほど、その宣伝文句と調達時間には違いがあるように感じられます。

これは、決裁する権利を持っている人間と買取、審査をする人間の間でやり取りする必要があったり、債権を買い取る資金をファンドや投資家に出してもらっている場合動きが鈍くなるケースもあるためです。

そういった理由から、あくまで集客のために「最短即日」と宣伝している業者よりも「最短翌日」と正直に話しているアットマネジメントJAPANさんや「最短2日」と宣伝している三共サービスさんのほうがオススメできます。

最短翌日、最短二日が現実的!そういった宣伝をしているだけで好印象!

即日ではないが、調達の早いファクタリング会社一覧

当サイトからの申し込みが現在1番多く、信頼できると感じて応援している2社間ファクタリング会社は「アットマネジメントJAPAN」さんです。

また、最短2日と早い段階で宣伝していた老舗の「三共サービス」さんもお勧めできます。

あとは、関東以外での需要にこたえやすいという部分で関西で実績のある「株式会社JTC」さんがお勧めです。

最短翌日!今人気の株式会社アットマネジメントJAPAN

 

株式会社アットマネジメントJAPANさんは、比較的あたらしいファクタリング会社です。

その為、利用する経営者のニーズをどこよりも理解したうえで、契約内容や接客の仕組みを作っています。

「緊急で資金が必要な経営者が何を求めているか」という観点から幅広い契約内容で対応していただけます。

他の業者に問い合わせる前に、15分審査を利用してまずは資金不足のまま支払日を迎える不安を取り除いておくことで、会社にとってよりよい選択ができるのではないでしょうか。

 

当サイトからの取材申し込みにも快く答えていただき「最短即日は厳しいが、翌日ならいけます」と誠実な回答をいただけたことが印象深いです。

ファクタリング利用後の気になる資金繰りや、他の調達方法も含めた事業計画までしっかりとコンサルもしていただけるので非常にオススメのファクタリング会社です。

詳細は以下の記事からも確認できます。

[kanren postid="1380"]

最短二日!安心の三共サービス

 三共サービス

公式HP【三共サービス】こちらでは様々な図解や漫画を使ってファクタリングの説明がしてあります。

手数料に関しては20%前後の印象。銀行返済の条件変更中(リスケジュール)でも、赤字、債務超過でも 担保不動産、保証人がなくても利用可能ですとのことで、全国対応に力を入れているとの話も聞いております。

まずは相談してみたい、というような経営者の方は三共サービスに相談してみてはいかがでしょうか。

もし、契約になったとしても全国対応なので安心です! 三共サービスさんより資金運営でお悩みの経営者様へ 

[kanren postid="1396"]

貴重な関西地方の人気業者株式会社JTC

 スクリーンショット JTC

再調査の結果、ご連絡いただき手数料は2~15%未満程と聞いています。

買取は月商の3~4割前後でしょうか。多くの会社が東京都に存在する中、製造業の需要の多い愛知県に拠点をおいて活動しています。(東京営 業所もできた様です)

サイトのTOPには在庫買取にも対応しているとのこと。(アパレル・貴金属・食品・貴金属・宝石・食品・電化製品・日用雑貨 等々) こちらも併せて利用できそうですね。

全国展開やCM広告も出していて比較的利用しやすい印象を受けます。 ただ、公式サイトからファクタリング詳細ページに移動すると「年商7,000万円以上の中小企業の皆様へ」と書いてあります

。年商制限があるとすれば多少審査通過率は低くなりそう。逆に返済の「条件変更中」でも、財務資料が「赤字・債務超過」でも、「担保不動産・保証人」がなくてもご利用は可能です!とのこと。条件さえクリアーすれば非常に良い印象です!

[kanren postid="1411"]

契約、実行(入金)が本当に早い業者の5つの見分け方

ファクタリングで買取りを行っている方と、何名もお会いして話を伺ってきた中で、気づいたことから業者の見分け方をお話しします。

簡易的にまとめると、以下のようなファクタリング会社が即日対応・最短実行に向いているファクタリング会社の特徴になります。

  • ファクタリング一本の会社
  • あまり大手ではない会社
  • 自己資本メインでやっている会社
  • グループ企業ではない会社
  • 3社間ファクタリングを推していない

それぞれの項目に関してご説明いたします。

なぜ「ファクタリング一本」の会社が即日調達に向いているのか?

日本銀行ファクタリングという金融商品は、実はみずほ銀行などのメガバンクも取り扱っている商品の一つであります。

しかしながら、現実的に対応するのは年商規模の大きい企業の3社間ファクタリング契約等がメインです。

ファクタリング契約には、資格などが必要ないため様々な金融機関が商品として取り扱うことは珍しくありません。

 

しかし、申し込み時に複数の選択肢があると、受付時点でどの手法にするかという議論から始まります。そして、様々な手法によって部署が異なれば当然面倒も増えます。

即日で実施するには、そもそも「2社間ファクタリング」「担保融資」に限られてきます。

 

その中でも、2社間ファクタリングに特化している会社は「急ぎで資金が必要な経営者」といつも面談しているので、何が必要で、どんな契約が適しているのか。

審査で抑えるべき点と、今後の資金繰りをどうアドバイスすればいいかを把握しているのです。

ホームページにファクタリング以外の金融商品情報がない会社がオススメ

なぜ、あまり大手ではない会社が即日調達に向いているのか?

大手の会社は宣伝や広告力が強く、資金も潤沢である為、多くの経営者が相談します。

しかしながら、大手であるがゆえの弊害も存在し、うまく契約できずに泣く泣く相談を受けるケースも少なくありません。

相談内容の多くが

「直前で契約を拒否された」

「2日以内に実行できるといわれたが、伸ばし伸ばしで1週間かかった」

などといった内容になります。

 

こういった現象の根本には「取り扱う資金が大きい」「組織が大きい」という2つの原因が存在します。

取り扱う資金が大きければ大きいほど、様々な場所から資金を集める必要があります。

そして、その分だけ責任も大きくなるため、契約実行時に複数の審査・基準・決裁というプロセスが発生してしまうのです。

1

ポイント!
新設だが信用できる会社、大手じゃない会社もチェック推奨!

なぜ、自己資本メインでやっていが即日調達に向いているのか?

本部これは、上記の「取り扱う金額の大きさ」にも関連することですが、他のファンドや投資家の資金の運用先としてファクタリングを取り扱っている会社は資金のリソースによっては、複数の審査や決裁が契約実行に際して必要になるケースがあります。

その場合はもちろんそれだけの時間がかかる為、即日で資金を調達できる可能性は低くなります。

しかしながら、自己資本メインで買い取りをしているかどうかは案件ごとに異なることもあり、表面上では分かりづらい場合も少なくありません。

その為、一つの指標となるのが「企業情報の資本金」という情報です。

サンプルに当サイトで紹介しているお勧めの「株式会社アットマネジメントJAPAN」さんの会社情報のリンクを掲載しておきます。

あくまで指標の一つにすぎませんが、かなりの大手ではなく資本金が大きい場合は即日契約にも期待が持てます。

ポイント!
参考までに企業情報を見ておくのも一つの手

なぜ、グループ企業ではない会社が即日調達に向いているのか?

グループ企業が多い場合は様々な窓口を用意している場合がほとんどです。

大手であることと同じ理由で、即日調達が難しくなる理由ももちろんですが、同じグループ企業内で個人情報が共有され、多くの金融商品をたらいまわしにされる可能性があるからです。

別の会社だと思い、申し込んだら結局は名義の違う会社の審査を通されている場合や、契約書だけ名義が違ってしまう場合もあります。

よりよい資金調達の為にそういった対応をしていただける会社の場合は非常にありがたいのですが、自分のあずかり知らないところで他社と契約しているというのはあまりお勧めできることではありません。

taraimawashi_businessman

なぜ「3社間ファクタリングを推していないファクタリング会社」が即日調達に向いているのか?

そもそも3社間ファクタリングも2社間ファクタリングも、どちらも金融業ではないため資格が不要なのです。

つまるところ、ファクタリングを取り扱っている会社のほとんどが2社間契約も3社間契約も対応できる可能性が高いというのが事実です。

しかしながら、買い取る側からすれば「3社間契約のほうが圧倒的に安全」な契約であることは間違いありません。

「ワダツミ株式会社」さんのように3社間契約がメインの会社も存在しますが、3社間契約は「取引先・売掛先の会社が契約に対応する必要」があるため即日でのファクタリング契約はほぼ不可能になります。

その為、なるべく最短で資金調達を希望している場合には「2社間特化」でやっているファクタリング会社を探す必要があるのです。

さらに言えば「あわよくば3社間契約を」と持ち掛けてくる会社よりも、2社間専門です!という業者を見つけることをオススメします。

 

2社間ファクタリング専門のファクタリング会社がやはりオススメ!

ファクタリング会社利用時に、実際に最短で買い取って貰うための4つのコツ

ファクタリング会社で、実際に債権の譲渡契約を結ぶ際にはいくつかの手続きが必要になります。

それらをスムーズに行う事こそが、ファクタリングを最速で実行し、資金調達を最短即日で成功させる鍵なのです。

そのために日ごろから経営者が用意しておくべきことを5つまとめましたので順を追ってみていきましょう。

  • 審査書類を用意しておく
  • 調達希望(資金需要)日の前週末までに連絡しておく
  • 資金が必要になった理由を率直に話せるようにしておく
  • 現在の資金繰り状況を素直に伝える

即日ファクタリング実行の為に「審査書類を用意しておく」

 まずは、審査に必要な書類を用意しておくことが大前提となります。

申し込み時に「これらの書類を用意してください」と言われますので、その代表的な書類の一覧を確認しておきましょう。

  • 3か月以内の商業登記簿謄本
  • 直近三か月程度の入金履歴がわかる通帳の写し
  • 直近の決算書
  • 取引先との契約内容の確認できる書類
  • 売却予定の売掛債権の請求書等

上記の五つが基本的に抑えておくべきファクタリング実行前の書類になります。

重要なのは、今回売却予定の売掛債権が本当に存在するものかどうかを確認できること、

そして実行前後の資金繰りがどう調整されるかなどの書類になります。

ファクタリングの審査で商業登記簿謄本が必要な理由

商業登記簿謄本は現在の会社の状況などを確認するために必要です、

ファクタリング会社によっては追加調査で最新の書類を確認されるため、しっかりと提出しなくてはなりません。

有力情報!
ほぼ必ず提出を求められ、偽造もできないのでしっかりと提出しましょう

ファクタリングの調査で通帳の写しが必要な理由

入金履歴の確認できる通帳の写しは、売却予定の債権の取引先との関係性や

直近の資金繰り状況、他社からの借り入れや闇金・ファクタリング他社などの利用状況などを確認されます。

有力情報!
資金の出入りを全てチェックされるため、会社の資金の流れが確認できるものはすべて提出し、借り入れがある場合も誠実に報告したほうが審査通過率は高くなります。

ファクタリングの審査で決算書が必要な理由

決算書に関しては、要求される書類の年数などが異なってきます。

ここで見られるのは「税金などの滞納の有無」等です。

他にもみられるポイントは多くありますが、税金滞納などが確認されてしまった場合は

滞納による差し押さえリスクがあるため、必ずチェックされます。

もし、ファクタリングで資金調達し税金の支払いを完了させる予定がある場合はその旨を予め伝えることをお勧めします。

有力情報!
税金滞納などがある場合は、必ずチェックされる可能性があります

ファクタリングの審査で取引先との契約書が必要な理由

これは、本当に売掛金が存在するのかどうかというポイントもありますが、

「債権譲渡禁止事項」「債権譲渡禁止特約」と呼ばれるものが契約内容に盛り込まれていないかどうかのチェックもされます。

もし、債権譲渡禁止事項が付いている場合は即日でのファクタリング契約は非常に難しくなります。

買取自体のハードルも上がるため、調達そのものが難しくなってしまいます。

これは大手の建設業からの下請けの場合や、市役所などからの公共事業の多くに盛り込まれている事があります。

有力情報!
債権譲渡禁止事項が契約内容に記載されている場合、買取が難しくなります。

ファクタリングの審査で請求書が必要な理由

請求書がファクタリングでの審査の際に必要なのは、

売掛金が本当に実在するのかを確認するために要求されます。

ここで重要なのは「役務が完了し、請求書を発行することで、売掛金が発生する」ということです。

例えば、翌月完了予定の工事の入金が翌月末にあるので、買い取ってほしい。

という場合は仕事が完了していないため、売掛金として未発生になってしまいます。

契約内容の作業が完了し、請求書を発行した後に、入金を待っている期間に初めて利用できるのがファクタリングの基本となります。

有力情報!
契約完了し、入金をまっているタイミングがファクタリング利用可能な期間になります。

ファクタリングの即日実行の為に前週末までに連絡しておく

これは、月曜日に申し込みをしても、月曜日に入金確認や振り込みの作業等が入ることも多く、

土日に申し込まれた分の電話対応などで、週明けに連絡しても即日実行は難しいことが多いためです。

自分が実行希望日(資金需要日)の前週末までに申し込みし、必要書類などだけでも確認しておくことをお勧めします。

もし、週末に資金の都合がついた場合は、なんとかなったとキャンセルすることも可能です。

他の2点に関して言えば、必要書類の項で書いてある内容とほぼ同一になります。

基本的にはヒアリング・面談時に自身の経営する会社の経営状況をきちんと説明する。

そのための心の準備だと思っていてください。

たとえ、自分が現場に出て忙しい身だとしても、会社の責任者が

事態を把握していない、というのはあまり印象もよくありません。

考えられる質問事項の回答を整理し、用意しておくことが重要です。

ファクタリングで即日入金の為に追加で用意すべき書類

これは、あまり用意していない経営者の方も多いのですが「資金繰り表」と呼ばれるものを用意しておくことをお勧めします。

一か月前後でも構いませんので、1日毎の資金の入出が確認できる書類を紙に書いておくだけでもスムーズに審査が進みます。

以下の「経費削減実行委員会」さんのHPにテンプレートが置いてありますので気になる方はご覧になってみてください。

http://econavi.owners.ne.jp/template/file/032-00000000540

6812497415_092496ff3b_b

上記のものや、公開されているものの多くは細かくても1か月単位のものがほとんどですが、

日繰り表と呼ばれる、一日単位の資金繰りスケジュールを提示することで

「このタイミングで資金がショートする」「この期間のつなぎ資金が必要なんです」という要点を伝え、

ファクタリング利用しても大丈夫だという根拠の提示にもつながります。

有力情報!
そういった書類を用意することで、経理を把握している経営者であるという良い印象も与えられます。

まとめ

即日でファクタリングを実行希望される経営者は少なくありませんが、まずファクタリング会社を選ぶところから始めなくてはなりません。

そこで、広告や過去に来たあやしいFAX、DM等に連絡し、悪徳業者につかまってしまうケースは非常に多いのです。

しっかりと実績のある業者を選び、用意できることは事前に用意しておくことで初めて即日実行は実現されます。

-ジャンル別オススメ業者, ファクタリングとは?
-

Copyright© ハウツー!ファクタリング , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.