ANA JCB法人カード ワイドカードの詳細。口コミ・評判まで徹底調査。

ANA JCB ワイドカード機能+JCBの法人会員向けサービスが利用できるカードです。として紹介されているANA JCB法人カード ワイドカードのカード詳細です。
会社経営において、クレジットカードは必要不可欠なものになりつつあります。
しかし、多くのビジネスカードが存在するため、カードの比較をしないことには損をしてしまうと感じる事も少なくありません。
ステータスとしてのカードの選び方や、会社の形態によって利益が大きくなるカードも存在します。
まずは、それぞれの特典や入会条件を比較し、取得すべきカードまでを紹介していきます。
(注意書き文章)
(ビジネスカードrankbann)

ANA JCB法人カード ワイドカードの概要

法人ニーズに合わせ、急な出張への対応や、搭乗日がカード利用代金明細に記載されるインターネット航空予約サービス「JCB.ANA@desk」が利用できます。他にもゴルフエントリーサービス、会員本人のサインがあれば本人以外も利用できる「JCBタクシーチケット」の申し込みも可能です。と紹介されているANA JCB法人カード ワイドカードですが、まずは年基本情報を調べていきましょう。
※口コミ・評判や掲載情報の参考先などに関しては当サイト利用規約の「口コミ情報掲載に関して」を確認の上、参考までにご利用ください。

年会費12,690円
ポイント還元率1.00%
追加カードETCカード、家族カード
付帯保険海外旅行、国内旅行、ショッピング
貯まるポイントOki Dokiポイント
電子マネー機能-
交換可能マイルANAマイル
スマホ決済-

ANA JCB法人カード ワイドカードの口コミ・評判

現在調査中です。

ANA JCB法人カード ワイドカードの運営情報

カード名ANA JCB法人カード ワイドカード
発行会社ジェーシービー
提携会社全日本空輸
国際ブランドJCB
審査・発行期間-
入会資格18歳以上法人の代表者または個人事業主
申込み方法-
年会費12,690円
ショッピング利用可能枠50万円~250万円
キャッシング利用可能枠-
リボ払い金利-
キャッシング金利-
支払い方法国内:1回払い、2回払い、分割払い、リボ払い、ボーナス払い海外:1回払い
締め日・支払日-
備考-

ANA JCB法人カード ワイドカードのインプレ・使い方

現在編集中です。

ANA JCB法人カード ワイドカードのポイント還元

当カードのポイント還元に関して注目していきます。
法人カードとして、バカにできないのがこのポイント還元の部分です。
本社と地方の支社への移動が多かったり、出張が多い企業などはポイントが私生活とは比べ物にならない速度で蓄積されます。
ポイント還元に軸を当てて検討することも一つの材料であることは間違いありません。

ポイント名Oki Dokiポイント
ポイント価値1ポイント5円
ポイント有効期限~24ヶ月
ポイント還元率1.00%
付与レート1,000円で1ポイント
交換レート1ポイントで10マイル相当(ANAマイルに交換する場合)
交換可能ポイント-
交換可能マイルANAマイル(1ポイント=10マイル、1ポイント以上1ポイント単位、交換手数料年間5,400円、※10マイルコース・通常獲得ポイントの場合)ANAマイル(1ポイント=3マイル、500ポイント以上1ポイント単位、交換手数料無料、ボーナスポイントの場合)
ポイントモールOki Doki ランド(JCBのポイントモール。Oki Doki ランドを経由するとポイントが最大20倍貯まります。)
ポイント特約店-
ステージ制度-
年間利用ボーナスご入会/ご継続ボーナスマイル(入会時/カード継続時に毎年ボーナスマイルとして2,000マイルが貯まります。)
備考■搭乗時ボーナスマイル(ANAグループ便に搭乗すると、通常のフライトマイルに加え、区間ごとの割り増しボーナスマイルが貯まります。区間基本マイレージ×クラス・運賃倍率×25%)■JCB STAR MEMBERS  ※毎年特典変更・メンバーランク(集計期間中の利用合計金額によってメンバーランクが確定)50万円以上利用:スターβ 100万円以上利用:スターα 300万円以上利用:ロイヤルα・JCB STAR MEMBERS 2011メンバー特典<Oki Dokiボーナスアップ>ロイヤルα:翌年のポイント25%UP スターα:翌年のポイント20%UP スターβ:翌年のポイント10%UP<キャンペーンチャンスアップ>キャンペーンの翌年の抽選口数が通常よりアップ・・・ロイヤルα:6倍 スターα:4or6倍 スターβ:2or3倍

特にマイルへの交換内容はチェックしておきたいポイントです。

ANA JCB法人カード ワイドカードの追加できる機能

カードによっては、条件を満たすことで追加機能を申し込みできるものも存在します。
一番代表的な機能はETC機能などが挙げられます。
自社の事業内容から、相性の良い機能があれば追加を検討することをオススメします。

ETCカード年会費:無料
家族カード年会費:810円
電子マネー機能-
電子マネーチャージ-
スマホ決済-
備考-

ANA JCB法人カード ワイドカードの付帯保険

カードにより、様々な保証機能を追加できる場合もあります。
契約時に案内があると思いますが、ここも内容ごとにサービスの幅や金額の増減がありますので気になる場合は確認しておきましょう。

海外旅行保険5,000万円(自動付帯:5,000万円)
傷害治療150万円(自動付帯:150万円)
疾病治療150万円(自動付帯:150万円)
携行品損害50万円(自動付帯:50万円)
賠償責任2,000万円(自動付帯:2,000万円)
救援者費用100万円(自動付帯:100万円)

ANA JCB法人カード ワイドカードの口コミ・評判

現在当サイトに寄せられた口コミ・評判はありません。
口コミ情報はコメント欄もしくは、お問い合わせから是非よろしくお願い致します。

SNS上で確認された口コミ

現在調査中です。

-未分類

Copyright© Monetty , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.