金融とは?「誰でもわかる!」直接金融と間接金融の基礎知識。

直接金融とは企業が自己責任のもとで必要資金を市場から直接調達する手法の事です。間接金融とは、銀行など金融機関からの借入れによって資金を調達する事を言います。以下で詳しく解説していきます。contad2

 

直接金融と間接金融の違いとは?

経営者の皆様は、銀行などの金融機関から融資を受けることを「直接金融」と思っている方も多いと思います。

銀行から直接、お金を借りるのだから,直接金融と思い込む方も少なくないのではないでしょうか。しかしながら、実際にこれは「間接金融の手法」なのです。

そもそも「金融」とは?

私達の社会は、「家計」「企業」「政府」という3部門から成り立っており、そのなかで組織や個人がそれぞれの経済活動を通じて結びついています 。

その経済活動の裏付けとして資金の不足部門と資金の余剰部門の金融活動が効率的に行われなくてはなりません。

効率の悪化は、巡りめぐって資金の余剰部門における経済活動の縮小にまでつながります。そのため,経済活動の円滑化のために、「お金の融通」を行う金融が重要な役割を担っているのです。

そしてこの金融は「資金をどのように調達するか」によって、直接金融と間接金融に分類することができます。

直接金融とは?

小切手直接金融とは「資金を必要とする企業が、株式や債券を発行して他の企業や個人から資金を集める」ことです。

つまり、銀行を介さずに資本市場を通して、企業が自己責任のもとで投資家から直接,資金を調達する金融のことです。

銀行で資金調達が出来ない際の、ファクタリングやクラウドファンディング等も直接記入となります。

間接金融とは?

日本銀行間接金融とは銀行などの金融機関からの借入れによって資金を調達すること」です。

銀行などが個人や企業から預金を集め、それらを個人や企業に貸し出す形態をとるものです。
いずれの場合も、資金の余っている者(投資家,預金者)から資金を必要としている者へお金が流れる仕組みです。

銀行などからの一般的に「融資」と考えられているものこそが「間接金融」です。

直接金融と間接金融どちらがいいの?

近年は、銀行からの融資が受けづらくなり、担保や保証人が無ければ審査に掛かる期間も長くなってしまっています。そのため、公的機関も直接金融支援への動きを積極化しています。

それに伴い、直接金融の環境は着実に整備されつつあり、企業にとっては銀行を介さない資金調連が行いやすくなっています。

当サイトでファクタリングの紹介に力を入れていたのもそういった背景があるからです。

もし、銀行などでの資金調達がうまくいかない際はファクタリングや資産売却などに強い業者に相談してみると解決が早いです。

関連記事

  1. 「不動産担保融資」とは?高額融資も可能な資金調達手法をチェッ…

  2. 債務整理とは債務整理の4つの方法と基礎知識

  3. 「手形の売却」とは何か?緊急時に使える資金調達方法を要チェッ…

  4. 「ABL」とは何か?抱える在庫が担保に代わる!?資金調達手法…

  5. 【最新版】2社間ファクタリング徹底比較!スコアリングで見えた…

  6. ファクタリングとは?手形売却に代わる緊急資金調達方法!?

給与ファクタリングの悩み相談はコチラ
専門業者へ相談
給与ファクタリングのトラブル相談
専門窓口はコチラ